今週の礼拝メッセージ

和泉聖書教会で話される毎週の説教です。どうぞご覧ください!

2017年03月

〒594-0032
大阪府和泉市池田下町1918-9
TEL/0725-56-9354 MAIL/izumi.bible.church@gmail.com

『十字架に向かって』

新約聖書 マタイの福音書 20章17~28節
さて、イエスは、エルサレムに上ろうとしておられたが、十二弟子 だけを呼んで、道々彼らに話された。 「さあ、これから、わたしたちはエルサレムに向かって行きます。人 の子は、祭司長、律法学者たちに引き渡されるのです。彼らは人の 子を死刑に定めます。そして、あざけり、むち打ち、十字架につけ るために、異邦人に引き渡します。しかし、人の子は三日目によみ がえります。」 そのとき、ゼベダイの子たちの母が、子どもたちといっしょにイエ スのもとに来て、ひれ伏して、お願いがありますと言った。イエスが 彼女に、 「どんな願いですか」 と言われると、彼女は言った。 「私のこのふたりの息子が、あなたの御国で、ひとりはあなたの右 に、ひとりは左にすわれるようにおことばを下さい。」 けれども、イエスは答えて言われた。 「あなたがたは自分が何を求めいるのか、わかっていないのです。 わたしが飲もうとしている杯を飲むことができますか。」 彼らは「できます」と言った。イエスは言われた。 「あなたがたはわたしの杯を飲みはします。しかし、わたしの右と 左にすわることは、このわたしの許すことではなく、わたしの父によ ってそれに備えられた人々があるのです。」 このことを聞いたほかの十人は、このふたりの兄弟のことで腹を立 てた。そこで、イエスは彼らを呼び寄せて、言われた。 「あなたがたも知っているとおり、異邦人の支配者たちは彼らを支 配し、偉い人たちは彼らの上に権力を振るいます。あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者 は、みなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ち たいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。人の子が来た のが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、 多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるため であるのと同じです。」 


今週の説教は「十字架に向かって」。
イエス様は十字架を私たちのために背負われました。
しかしキリスト者はその恵みを預かっていると同時に、自らも十字架を背負っているのです。
いったいどういう意味でしょう?
ぜひご覧ください。

『自分を救わないキリスト』

新約聖書 マタイの福音書 4章1~11節
さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野 に上って行かれた。そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を 覚えられた。すると、試みる者が近づいて来て言った。 「あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。」 イエスは答えて言われた。 「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのこ とばによる』と書いてある。」 すると、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の頂に立た せて、言った。 「あなたが神の子なら、下に身を投げてみなさい。『神は御使いた ちに命じて、その手にあなたをささえさせ、あなたの足が石に打ち 当たることのないようにされる』と書いてありますから。」 イエスは言われた。 「『あなたの神である主を試みてはならない』とも書いてある。」 今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のす べての国々とその栄華を見せて、言った。 「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょ う。」 イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主 を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」 すると悪魔はイエスを離れて行き、見よ、御使いたちが近づいて 来て仕えた。


今週のお話は「自分を救わないキリスト」。
聖書を読むと分かりますが、つねにイエスはわたしたち人類のために行動されました。
とくに今回はそれが顕著にわかる説教です。
あと重要なのが上の聖書の個所です。
説教の途中で登場しますが、かなり重要な御言葉です。 
一見するとイエスとサタンのやりとりに見えますが、じつはこれ、今でも続いている争いなのです。
ぜひご覧ください。

『姦淫してはならない』

旧約聖書 出エジプト記 20章14節
姦淫してはならない。 

覚えておられる方がいるかはわかりませんが、2~3週間前の記事で投稿する説教が実際に礼拝でされる説教と2週間ほどずれがあると書きましたが、今回で埋まりました。これからは通常どおりに礼拝でされる説教を載せていきます。

今回の説教は『姦淫してはならない』。
これは牧師先生の御言葉の知識量、説教の上手さによるものですが毎回の聖書の言葉のシンプルさと、聞くメッセージの重さの差が激しいです。
今回もまさにそれです。
この十戒と言われる個所のこの御言葉は、遠回しに何かを「姦淫」に例えているのではなく、「性的」な姦淫を意味しています。
食欲・睡眠欲・性欲は人間の三大欲求とも呼ばれています。
この「性欲」にどう向き合っていくべきなのかが今回のテーマです。
ぜひご覧ください。
 

『殺してはならない』

旧約聖書 出エジプト記 20章13節
殺してはならない。 

今回の説教は非常に重要なものです。
テーマは『殺してはならない』。
このシンプルな言葉ゆえに、ありきたりなメッセージを予想してしまいますが、実はかなりハードな内容です。
社会的な殺人・死刑のありかたから、自分自身のなかにある悪しき心ー殺意などー の本当の姿など広く深く学ばされるものでした。
ぜひご覧ください。
ギャラリー