新約聖書 マタイの福音書 20章17~28節
さて、イエスは、エルサレムに上ろうとしておられたが、十二弟子 だけを呼んで、道々彼らに話された。 「さあ、これから、わたしたちはエルサレムに向かって行きます。人 の子は、祭司長、律法学者たちに引き渡されるのです。彼らは人の 子を死刑に定めます。そして、あざけり、むち打ち、十字架につけ るために、異邦人に引き渡します。しかし、人の子は三日目によみ がえります。」 そのとき、ゼベダイの子たちの母が、子どもたちといっしょにイエ スのもとに来て、ひれ伏して、お願いがありますと言った。イエスが 彼女に、 「どんな願いですか」 と言われると、彼女は言った。 「私のこのふたりの息子が、あなたの御国で、ひとりはあなたの右 に、ひとりは左にすわれるようにおことばを下さい。」 けれども、イエスは答えて言われた。 「あなたがたは自分が何を求めいるのか、わかっていないのです。 わたしが飲もうとしている杯を飲むことができますか。」 彼らは「できます」と言った。イエスは言われた。 「あなたがたはわたしの杯を飲みはします。しかし、わたしの右と 左にすわることは、このわたしの許すことではなく、わたしの父によ ってそれに備えられた人々があるのです。」 このことを聞いたほかの十人は、このふたりの兄弟のことで腹を立 てた。そこで、イエスは彼らを呼び寄せて、言われた。 「あなたがたも知っているとおり、異邦人の支配者たちは彼らを支 配し、偉い人たちは彼らの上に権力を振るいます。あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者 は、みなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ち たいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。人の子が来た のが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、 多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるため であるのと同じです。」 


今週の説教は「十字架に向かって」。
イエス様は十字架を私たちのために背負われました。
しかしキリスト者はその恵みを預かっていると同時に、自らも十字架を背負っているのです。
いったいどういう意味でしょう?
ぜひご覧ください。