今週の礼拝メッセージ

和泉聖書教会で話される毎週の説教です。どうぞご覧ください!

〒594-0032
大阪府和泉市池田下町1918-9
TEL/0725-56-9354 MAIL/izumi.bible.church@gmail.com

『安息を得よ』

旧約聖書 出エジプト記 20章8~11節
安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。六日間、働いて、あな たのすべての仕事をしなければならない。しかし七日目は、あなた の神、主の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない。 ―あなたも、あなたの息子、娘、それにあなたの男奴隷や女奴 隷、家畜、また、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も―そ れは主が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべて のものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、主は安息 日を祝福し、これを聖なるものと宣言された。

今回の説教は『安息を得よ』。
聖書では「6日働いて、1日休め」と記されています。
じつは古代から聖書の浸透していない国々、地域でも「6日働いて1日休む」というサイクルが完成されていたのです。
それが何千年も続いています。
まずそれほどまでにこの星全体が聖書に従っているということに驚きです。
それに加え、今回は安息日というものの本当の意味を牧師が解説しています。
ぜひご覧ください。

 http://izumi-bible-church.blog.jp/170129%E5%AE%89%E6%81%AF%E3%82%92%E5%BE%97%E3%82%88%20_Sheet1.pdf

『御名を呼べ』

旧約聖書 出エジプト記 20章7節
あなたは、あなたの神、主の御名を、みだりに唱えてはならな い。主は、御名をみだりに唱える者を、罰せずにはおかない。

しばらく更新が滞っていたため、礼拝説教に記されている日にちはずれています。 
今回の説教は『御名を呼べ』
しかし聖書の個所は「主の御名を、みだりに唱えてはならない。」
先生は聖書に反することを説教しているのでしょうか?
もちろん違いますよね(笑)
言葉の解き明かしを楽しんでみてください。
どうぞご覧ください。 

http://izumi-bible-church.blog.jp/170122%E5%BE%A1%E5%90%8D%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B9%20.pdf

 

『神われらと共にあり』

マタイの福音書1章18節から23節
イエス・キリストの誕生は次のようであった。
その母マリヤはヨセ フの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、 聖霊によって身重になったことがわかった。夫のヨセフは正しい人で あって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせよう と決めた。彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現 れて言った。
「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。 その胎に宿っているものは聖霊によるのです。マリヤは男の子を産 みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民を その罪から救ってくださる方です。」
このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就 するためであった。 「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はイ ンマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、と いう意味である。)

今回の説教は『神われらと共にあり』
説教の半分以上はイエス誕生の物語の解説となっています。
そこから我々がいかに神とともにいるかを感じることができます。
もう少しでクリスマスです。
この時を静かに待ち望みましょう。 

http://izumi-bible-church.blog.jp/1601211%E7%A5%9E%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%89%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8A.pdf
ギャラリー